グルコサミンの効果を発揮する組合せ

栄養素はその組み合わせによって吸収率を高めたり、効果を発揮させたりするものがあります。

そしてグルコサミンはコンドロイチンと組み合わせることによって、相乗効果が期待できます。

グルコサミンとコンドロイチンはよく混同されてしまう成分ですね。

コンドロイチンは関節の軟骨や血管壁、角膜、靭帯などを構成する成分で、主に関節の軟骨を柔軟に保ち、スムーズに動かせるようにします。

いいかえれば、関節のクッションのようなものです。

このクッションが無ければ骨は直接ぶつかるので、関節は曲げ伸ばしができなくなります。

そしてグルコサミンはそんなコンドロイチンの生成を促す成分なのです。

グルコサミンだけを補ってもコンドロイチンの生成を促すわけですから、いくらかの効果は期待できます。

しかし、サポートをしてくれるグルコサミンを一緒に摂取することで、より軟骨への働きが強くなるのです。

サプリメントはこの2つの成分の相乗効果を狙って、一緒に配合していることが多いです。

サプリメントを選ぶときは、コンドロイチンとグルコサミンの配合についてもチェックしてみるといいですね。

特に新陳代謝が衰えてきた年齢の人は、あらゆる成分を作りだす力が衰えているので、2つの成分を一緒に摂取した方がいいでしょう。